誇りの一つへ

| | コメント(0)

IMG_2966.JPGIMG_2971.JPGIMG_2975.JPGIMG_3009.JPGIMG_3004.JPGIMG_2979.JPGIMG_2998.JPGIMG_2983.JPGIMG_2988.JPGIMG_3029.JPGIMG_3040.JPGIMG_3096.JPGIMG_3087.JPGIMG_3052.JPGIMG_3065.JPGIMG_3074.JPGIMG_3096.JPGIMG_3103.JPGIMG_3112.JPGIMG_3129.JPGIMG_3137.JPGIMG_3152.JPG

 朱七保育所の5歳児ひまわり組には、様々な誇りがあります。一つ前の年長さんから想いを託された『縄跳び』や子ども達自身も誇りです。

 今年は、生活展でも書きましたが、『馬』を大切な物にしてきました。

 それぞれが一生懸命に自分の馬を作りました。

 それぞれにその子その子の特徴がしっかりと出た馬ができあがり、年長の誇りへと昇華されていきました。

 自分にしか創れない物だけれども、自分1人では決してつけれない、自分の頑張りは、人を励まし、また自分も励まされる。

 年長さんにとって、大きな経験となり、大きな宝となりました。

 下の年齢の子ども達は年長の荒馬を見ることは初めてで、すぐさま、まねっこをしていました。憧れられる存在。それを誇りに大きく成長していきます。

コメントする

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アイテム

  • コピー (1) ~ DSCN2061_1.JPG
  • 2013/01/22gassyuku

アーカイブ

LICENCE

LICENCE by 朱七保育所 4.1